2009-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジョン・チタニウム

本番用の弦を購入しました。
お財布に優しい通販40%オフだったので即買いです。
ただし、E線は最も気に入っているオリーブにしています。
本番が5月2日なので、25日ぐらいに張り替えればちょうどいいかなと考えています。

DSC04320.jpg


この弦の強みは、なんといっても絶大な音量にあります。
エヴァやドミナントとは比較になりません。
また、弦の肌触りが滑らかでポジションチェンジが少し楽になります。
弱みは、繊細な音色の表現がイマイチって感じです。
また弓圧が比較的必要でもあります。
さらに、元気な音が出る期間が短いということです。
極端な時は一週間で音の艶が抜ける感じです。
スポンサーサイト

ドビュッシーを練習しました

またまた久しぶりに更新です。
カルテットを練習してきました。
ドビュッシー弦楽四重奏曲第一楽章
まだまだグチャグチャになる部分が何箇所かあるんだよね。。。。
本番まで、一週間ちょっとだというのに、どーすりゃいいんでしょ

5月2日の演奏曲

2か月近更新をサボってました。
仕事は忙しくなかったんだけど、論文を1本仕上げるのに精神的に余裕がなくなっていました(笑)

で、5月2日の演奏会で演奏する曲が決まりました。
一つはドビュッシーのカルテットで、これは早くから決まっていたものです。
もう一曲は、モーツァルトのシンフォニア・コンツェルタンテを予定していたのですが、ビオラのオジサンが「この曲は、私には重すぎる」ということで却下になってしまいました。代案としてオジサンが出してきたのが、モーツァルトのピアノカルテット1番の1楽章です。



私は、この曲は知らなかったのですが、すごく良い曲ですね。
G-minorの曲なんですが、モーツァルトの悲しみというか、そういったものが滲み出ているような気がして。。。。しかも極めて美しいです。
先週の土曜日に初めて合わせたのですが、その時は、ピアノが練習不足で、ボーテングとテンポの確認ぐらいでした。でも、弾いてて楽しい曲ですよ。アンサンブルされるかたにはお勧めの曲です。

もう一曲のドビュッシーですが、先週の日曜日に初合わせをしてきました。



最初は、1ページ進んでは止まりって感じで、どーなることやらと思ってましたが、テンポとタイミングを確認しながら弾き進むと、最後にはなんとか通るようになりました。
この曲、モーツァルトやベートーベンとは別世界なんですよね。すっごく新鮮でした。なんちゅーか、曲を仕上げていく楽しみがあるっていうか。。。純粋にバイオリンのテクニックに一工夫加えないと、この曲の良さは出てこないと思うんですよね。
とにかく、やりがいのある曲です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

フリッツ

Author:フリッツ
アマチュアバイオリン弾き
平凡な会社員
広島県在住
弦楽合奏団所属

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
演奏 (8)
日記 (27)

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。