2013-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の練習

来週の日曜日が本番ですが。。。。
今日は17時から練習だったんですよね。
で,16時半には練習会場に到着。
既にコンパスのトラ2名も到着済みでした。
指揮者も17時ちょい過ぎには到着されました。
しかし,団員の半数は17時15分ぐらいから三々五々集合。
どーなっとるんじゃ,おのれら~!!
トラに恥ずかしゅうないんかい。

小義をなせずして大義をなせず。
練習に遅れてくる奴らにアンサンブルなんか出来るわけがない。
わしは情けなかったよ。
スポンサーサイト

バイオリンのハーモニー

バイオリンのハーモニーって言葉をよく耳にします。
合奏とか重音のハーモニーではなく,単音を弾いた時のハーモニーです。
単音のハーモニー?
なんだかよく分からなかったのですが,Barbieriを弾いていると少しですが気づかされるものがあります。

単音を弾いていると聞こえるんですよ,別の音が。。。。
これってハーモニー?
その別の音は,言葉では表現しづらいです。
弾いている単音の裏で鳴っているというか,単音を支えている音と言うか。。。

Barbieriを弾いていると新しい発見が多くて楽しいですね~

楽器を購入しました。

二台の楽器を弾き比べて,悩み逡巡しましたが,Barbieriを購入することに決めました。
どちらも真贋不明のラベルドの楽器です。
BisiachとBarbieriです。
Barbieriは,①強奏しても音が潰れない②独特の芯のある声,コーンという音が全弦に混じる③なんといってもパワーがある半面,低弦で暖かい音がする④美しい外観,という長所があります。昨日,オケでBisiachと持ち替えで弾いたところ,オケのメンバーからBarbieriの方が音が届いているという声が圧倒的だったです。
短所は,弓を当てた瞬間の発音が少しはっきりしないということです。調整で改善すればよいなと思います。
Bisiachの長所は
①芯のある音,Barbieriと違いジーンという音が全弦に混じる②弾きやすい,ハイポジでも声枯れしない③美しい外観,多分オイルニスでの仕上げ④レスポンスが良く,オールドっぽい音が十分楽しめる。
また短所を敢えて上げるなら
①強奏したときに,音が潰れる②A線が良く鳴るので少しバランスが悪い③やや音量が薄い印象④弾きやすいのですが,ファーストポジションでフィンガリング時に指板をたたく音が聞こえてしまうので,やや駒が低いのかもしれません。
以上ですが,アマチュアが室内楽やオケで使うには十分過ぎる力量があると思われます。弓圧をかけず,軽く弾いただけでも良い音色で鳴ってくれますので,モーツァルトやシューベルトのカルテットで美しく弾くのには最適の楽器です。バッハの無伴奏を弾いたら和音が溶け合うような印象でした。

P1010724.jpg
P1010731.jpg
P1010746.jpg
先日購入したBarbieriを調整に出しました。
熊野町に工房がある職人さんに見てもらいました。
2時間半ぐらいお話をしながら駒と魂柱を調整してもらったところ,もっさりした発音がレスポンス良く鳴るようになり大満足でした。さすがクレモナ帰りの職人さんだよね。広島にもこんな人がいるんだと感心しましたね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

フリッツ

Author:フリッツ
アマチュアバイオリン弾き
平凡な会社員
広島県在住
弦楽合奏団所属

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
演奏 (8)
日記 (28)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。