2014-02

カイザー1番を脱出できず(泣)

4回目のレッスン。
相変わらずカイザー1番のレッスン。
8分音符の1音目がスタッカートで残り3音がスラーの練習。
スタッカートは、弓を上げずにべったりとしかも鋭く発音すること。
発音の時に、楽器が鳴るように弾くこと。
弓先でのスタッカートが弱いとの指摘。

あぅぅ練習します。確かに俺様の弱点です。

先生に右手を持ってもらいながらアップボウスタッカートの要領を教わったのですが、美人のネーチャンに手を握られ、赤面してレッスンに身が入らない俺様でした(笑)

しかし、先生、もう2か月もカイザー1番を練習してるんすけど。。。。。
スポンサーサイト

カルテットの録音

来週の土曜日に,某披露宴にて演奏するカルテットを練習した。
セカンドとチェロの練習不足には目を覆うばかりだった。
大丈夫なのか?
俺様の演奏を邪魔すんなよな

私の楽器は,録音すると良く聞こえてる。
耳元ではそれほどてもないんだけどね。
この楽器で自信を持って本番に臨むことが出来そうだ。

練習の録音をアップします。
愛の賛歌


ラブラブラブ

3回目のレッスン

今月の3日に3回目のレッスンに行ってきました。
相変わらず、カイザー1巻の1番をひたすら弾いてきました。
こりゃー相当長くかかりそうですね。
小節を跨ぐ2音のスラーの連続が弾けないんですよ。脳みそが捻くれそうです(笑)

カイザーのレッスンは20分程度で、その後、今練習しているカルテットの譜面を見てもらいました。
アドバイスや雑談などで結局トータルで1時間15分ほどレッスンになったんですよね。いいのかな~
カルテットのウェーベルンのフィンガリングなどは目から鱗が5枚ほど落ちました(笑)

22日に知人の結婚式でカルテットをやるのですが、その譜面も見てもらいました。
「Love Love Love」と「愛の賛歌」を弾くのですが、ファーストバイオリンはE線以外は無理してポジションを上がらなくていい、何故なら、会場が絨毯張りなので音が響かないのでファーストポジションで大きめに弾いた方がよいとのことです。
さすが、経験を積み重ねている先生ならではの実践的アドバイスでした。

レッスン1回目2回目

先月、2回ほどレッスンに行ってきました。
カイザーは、難しそうな番号を一通り目を通して行ったのですが、ひたすら1番だけをレッスンされました。
要するに、指の形を作るために訓練するようです。
私の場合、指が指板上になくて離れていることを指摘され、これでは音程が不安定だし4の指も届かないでしょうということで、肘を入れることと、常に指は指板上の音の位置にあるように訓練することになりました。
従って、しばらくはカイザーの1番を続けることになるようです。(泣)
また、レッスンでは、現在、カルテットでやっている皇帝の楽譜を見てもらい、様々なアドバイスを受けています。目から鱗が5枚落ちることもありましたね。
やっぱりレッスンは受けるべきでしょうね~
少しずつ音程も安定してきたように感じます。
カイザー1番をひたすら続ける効果として、音程の安定と早いパッセージで指がバタバタしなくなることです。
副次的な効果として、楽器の鳴りが良くなった感じがします。不思議です。
先生が言うには、楽器を正しい音程で鳴らすと「楽器が開いてくる」のだそうです。もっと楽器を開いてください。。。と言われました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

フリッツ

Author:フリッツ
アマチュアバイオリン弾き
平凡な会社員
広島県在住
弦楽合奏団所属

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
演奏 (8)
日記 (28)

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード